ロゴ作成の修正対応

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

制作会社ロゴは企業・店舗の顔なので、制作会社に依頼して本格的なロゴを作りたい、と思っている方は多いでしょう。それと同時に、多くの方は初めてロゴ作成会社を利用するので「どんなポイントに気をつければいいかわからない」という状態かと思います。特に気になるのは「修正の回数と費用」でしょう。

ロゴ修正の費用は、数回までなら無料というルールが多いです。回数は制作会社によって変わります。2回までという所もあれば、5回までという所もあります。また、修正の回数は同じでも「最初の提案で、複数の案を出してくれるか」という点も重要です。複数の案を出してもらう方が、修正も少なくて済みますからね。

次に、自分の方で修正を減らす努力も必要です。同業他社や大企業のロゴを自分で研究して「こういうロゴにしたい」というイメージを、事前に明確にしておきましょう。それにより、さらにリアルなイメージを制作会社に伝えることができるので、最初の案からイメージに近いものが、上がって来やすくなります。

そして、ロゴが無事に完成した後も、修正がないようにしたものです。完成後に修正が必要になるケースは「特定の条件で印刷すると、ロゴが見づらくなる」というもの。例えばモノクロ印刷、布への印刷などがあります。こうした完成後の修正を避けるためには、「シンプルなロゴ」にするのが一番です。

このように、ロゴの作成会社を依頼する時のポイントは、いくつかあります。ここでは特に修正の費用や回数」について書いてきましたが、そもそものロゴ自体をどんなデザインにするかなど、多くのポイントを理解することで、より良いロゴを作成できるでしょう。